FMS スタンディングソアステスト

目的

足を限界まで持ち上げ片脚でバランスを保つテスト。股関節の柔軟性・持久力や体幹のバランスをチェックする。左右で指定された方が軸足になる。

センサー装着位置

胸、腰、左大腿、左下腿、右大腿、右下腿

センサー装着箇所

スタートポジション

両足を肩幅に開いて立ち、静止する。

動作手順

  1. 両足を揃えて、背筋を伸ばして立ちます。腕はリラックスさせて横に落とします。
  2. 腕を使い、右膝を限界まで上げてください。
  3. 膝はその状態をキープしながら、腕を真横へ伸ばし、片足立ちの状態で10秒間静止します。胸・腰・右膝は動かないようにしましょう。
  4. 開始状態へ戻ります。
  5. 必要であれば、クライアントは3回までこの動作を行えます。

特徴値

特徴値 部位 単位・基準 説明 理由
腰の前後のバランス degree

腰のx軸の角度幅

骨盤の安定性(大)のチェック 動作中に骨盤が安定している
胸の前後のバランス degree

胸のx軸の角度幅

背骨の安定性(大)のチェック 動作中に背骨が安定している
腰の左右のバランス degree

腰のy軸の角度幅

骨盤の安定性(大)のチェック 動作中に骨盤が安定している
胸の左右のバランス degree

胸のy軸の角度幅

背骨の安定性(大)のチェック 動作中に骨盤が安定している
腰の前後の動き degree

腰のx軸の角度幅

骨盤の安定性(小)のチェック 動作中に骨盤が安定している
胸の前後の動き degree

胸のx軸の角度幅

背骨の安定性(小)のチェック 動作中に背骨が安定している
腰の左右の動き degree

腰のy軸の角度幅

骨盤の安定性(小)のチェック 動作中に骨盤が安定している
胸の左右の動き degree

胸のy軸の角度幅

背骨の安定性(小)のチェック 動作中に骨盤が安定している
脚の左右の動き 上げている大腿 degree

上げている大腿のz軸の角度幅

上げている大腿安定性のチェック 上げている大腿が安定している
脚の上下の動き 上げている大腿 degree

動作中の腰のx軸の角度幅

上げている大腿安定性のチェック 上げている大腿が安定している
軸脚の左右の動き 軸脚の下腿 degree

軸脚の下腿のy軸の角度幅

軸脚の安定性のチェック 軸脚が安定している
軸脚の上下の動き 軸脚の下腿 degree

軸脚の下腿のx軸の角度幅

軸脚の安定性のチェック 軸脚が安定している
膝を引き寄せているときの胸の角度 degree

胸のx軸の角度幅

胸が動いていないかをチェック 胸に代償動作が出ていない
膝を引き寄せているときの腰の角度 degree

腰のx軸の角度幅

腰が動いていないかをチェック 腰に代償動作が出ていない
引き寄せた足の角度 動作する大腿 degree

大腿のx軸の角度幅

大腿がどこまで上がるかをチェック 股関節の柔軟性・持続性を測る

 

DATA PUBLISH has written 88 articles

He is in charge of developing technologies that visualize the motion analysis of athletes using MEMS sensing technology and AI.