10 articles スピードスケートGSKF

国盛酷飛の専用アルゴ

ダブルレッグダブルアームオーバーヘッドスクワット

目的 体幹スタビリティと下肢の協同。 股関節中心のローディングの動作習得 センサー装着位置 腰、胸、左大腿、左下腿 スタートポジション 両足を肩幅に開いて立ち、両手を上に伸ばし、静止する。(負荷をかける場合は両手にダンベ…

両脚重心移動(陸上)

目的 基本的な滑走姿勢と重心移動の練習。これらを押さえる事で筋肉の負担を減らし効率的にスケーティングを行う事が出来るようになる。 センサー装着位置 腰、左大腿、右大腿、左足、右足 ●センサー装着箇所 スタートポジション …

スタートダッシュ

目的 スタートダッシュの練習。スタートの号砲に素早く反応し、素早く力強く加速する事でタイムを短縮する事が出来る。ピッチやパワー、力を無駄にしない安定性などを計測する。 センサー装着位置 腰、左大腿、右大腿、左足、右足 ●…

スケーティングジャンプ

目的 体幹を安定させ、力強いプッシュを瞬間的に行う事を身に着けるトレーニング センサー装着位置 胸、腰、左大腿、右大腿 ●センサー装着箇所 スタートポジション 両足を肩幅に開いて立ち、静止する。 動作手順 スケーティング…

両脚重心移動

目的 基本的な滑走姿勢と重心移動の練習。これらを押さえる事で筋肉の負担を減らし効率的にスケーティングを行う事が出来るようになる。また、スケートの傾きなども計測し氷面とのコンタクトの良さも計測する。 センサー装着位置 腰、…

片足滑走姿勢伸展屈曲

目的 片足支持姿勢における基本的な滑走姿勢の練習。これらを押さえる事で支持脚の筋肉の負担を減らし効率的にスケーティングを行う事が出来るようになる。更に脚の伸展・屈曲を行う事で、プッシュの動作も練習する事が出来る。 センサ…

サイドプランク

目的 体幹側近群と同側、反対側の股関節内転筋群の協同 センサー装着位置 左側:胸、腰、左上腕、左大腿、左下腿 右側:胸、腰、右上腕、右大腿、右下腿 スタートポジション 両足を肩幅に開いて立ち、静止する。 動作手順 そのま…